2022年6月より新店舗へ移転する事になりました。理由と決断。そして、その先。

この記事は約7分で読めます。

2022年 6月1日 15:00 12℃ お香の香りと日の光が香ばしい。


 

(大音量に注意)

2022年のPHOTONイメージプレイリストから、
Laura Dreyfussから『 Sidelines 』を。

テーマは、”変化を楽しむ”。

PHOTON 2022 サロン
駒場東大前駅。


2018年7月に表参道で新店舗を立ち上げ、約2年間を過ごしました。
2020年7月からの新店舗、明大前へ移転し、2022年7月で約2年を迎えようとしています。

そして、2022年6月より『駒場東大前(コマバトウダイマエ)』へ移転する運びとなりました。
新店舗でのPHOTONの第3章をスタートさせます。


どの時間も今のPHOTONをつくっているかけがえのないもの。


PHOTONという『点』というコンセプトの元、
様々な1コマ1コマ、1シーン1シーンが色濃く記憶され、今のストーリーに繋がっています。


明大前店から新店舗『駒場東大前』へ移転
の理由、決断、そして挑戦していく事。
到底、1記事では収まりきりませんが、今の想いと、向き合う時間をここで頂戴できればと思います。




『移転の理由と決断』

駒場東大前駅


『ゆったりとした空間と時間を過ごせる非日常的なサロン』を目指して、明大前店へ移転し、約2年が経ちました。

明大前店では沢山の愛せる時間がありました。
初店舗から移転して2年。変化を愛した時間。

新店舗『駒場東大前店』に移転する理由には、
明大前店で『挑戦』させて頂いた事が大きくあります。

PHOTONとして様々な挑戦をさせて頂く中で、
『アーティスト』として挑戦していく事を多くの時間から学びました。


私の中で、”クリエイティブする時間を愛でる事”。そんな時間と向き合えるのがアーティストの一つの魅力だと感じています。


PHOTONの時間をさらに愛でていく為に、
『アーティストとしての時間に挑戦する。』
その想いが、一番の大きな理由となります。

お客様やPHOTONを愛でてくださる方々との時間の中で、その想いが自然と『決断』への想いへと変わっていました。




『アーティストとしての挑戦


2021年、明大前店での時間の中で、アーティストとしてのウェブサイトを立ち上げました。


日々のクリエイティブな事に対する想いや考え、いちアーティストとして愛でる時間を記しています。


YUMI OTSUKA – creative artist – draw . 1oi/1ni



同時に、アーティストとしてネイル以外の作品の提案する、
コンセプチュアルブランド『 
1oi / 1ni(オーアイニー) 』をスタートしました。


instagram _  @1oi1ni


2022年6月からの新店舗では、様々な作品をご提案していきます。


yumi otsuka – 1oi / 1ni より


明大前店での2年間を通し、少しずつ準備してきたものを形にすると同時に、お客様やPHOTONを愛でて頂ける方々と共にクリエイティブしていける楽しみが待っています。


一つの点と、一つの点が、
一つのストーリーとなり、
アーティストとしても、サロンとしても、
誰かの喜びへと繋がっていく挑戦を楽しんでいこうと思います。




『 PHOTONとしての挑戦と時間。』

GAGE ( ガゲ )


明大前店で誕生した、

GAGE WEB MAGAZINE  ( gage.press )は、
サロン、ネイル、サロンのサービスなどをコンテンツを発信しています。

サロンにお越しのお客様やPHOTONを応援して頂ける方々に、

PHOTONの活動をありのまま発信して伝えていく事を目標に立ち上げました。

新店舗では、
 Vo.03『『お客様とアートを愛でる新たな時間・サービス』

でお伝えした『アートな時間』があります。


PHOTONとお客様のアートな時間を、

一つのコンテンツとしてもGAGEを通じて発信していく事ができます。

また、GAGEを通して、PHOTONで過ごして頂ける時間がさらに濃くなり、

GAGEを通して、クリエイティブなコミュニティ・繋がりをつくっていくことが出来ます。




PHOTON LAB TUBE

明大前店からスタートしたPHOTONのYOUTUBEサイト『 PHOTON LAB TUBE 』。

GAGE 同様、
PHOTONのコンテンツをよりリアルに、
お客様や応援していただいている方に、
PHOTONの活動をありのまま発信して伝えていく事を目標に立ち上げました。


PHOTONがPHOTONで学んだ事を、

シェアする事で誰かの一つの小さな希望になればと思っています。


新店舗でのPHOTON LAB TUBUの活動もさらに、
アート・クリエイティブな時間をメッセージとして、発信していきます。

そして、『 PHOTON LAB TUBE  』と『GAGE』、
新たなコンテンツ、『 PHOTON 』とアートな時間が繋がっていく時間をつくります




『 第3章、新店舗 ”駒場東大前” での時間。』

東京大学 – 駒場キャンパス


2022年6月からの新店舗『駒場東大前』での新しいPHOTONとして、
PHOTONとお客様の ” Vo.1〜Vo.5 ” をお届けすることが出来れば幸いです。

———————————————————————————

Vo.01 『 2022年6月、駒場東大前へ。移転の理由とその決断

お客様や応援して頂いている皆様から、
PHOTONで過ごしている時間から、
決意が生まれました。

———————————————————————————

Vo.02植物とアートに囲まれたミニマルな大人の隠れ家

PHOTON立ち上げより、『ミニマル』や『植物』などのキーワードがあります。
そういったキーワードを更に形にして、共有できる時間をご提案します。

———————————————————————————

Vo.03『お客様とアートを愛でる新たな時間・サービス

ネイルを通した表現は一方通行にならないように、少しでも、一つでも共有していく事を目標にしています!

———————————————————————————

Vo.04『コンテンツで繋がる時間』PHOTON × ○○!?

サロンの内外で生まれる時間、コミュニティや繋がりを大事にしていきたい。
時にサロンから飛び出して、ネイルを表現していけたら。

———————————————————————————

Vo.05『新店舗メニューと料金について

Vo.01-06を目標にする事で、新店舗メニューと料金を熟考する事ができました。
新しい時間と挑戦をご提案させてもらいます。

———————————————————————————

PHOTON Web SIte NEWS より

表参道店から明大前店へ移転する際にも、掲げたVo.01~Vo.07の目標。

また今回、駒場東大前・新店舗での目標を掲げ、お伝えする事ができました。
PHOTONの今日からの挑戦を温かい目で応援・見守って頂ける事が何よりのエネルギーとなります。



最後に、
『 移転後、6月中旬にも皆様にお知らせが!?』

まずは今回、PHOTONの移転についての旨のメッセージをお届けさせて頂く事が出来ました。
しっかりと、移転に対して準備をして参ります。

と同時に、他にも動いている事が、実はあります。

その内容はしっかりと内容をお伝え出来る準備が整いましたら、
6月中旬までにはメッセージをお届けできるかと思います。

それまで、もう少々お待ちくださいませ。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
PHOTONを立ち上げてから、PHOTONができることを考えてきました。

今日これまで、そしてこれからも、PHOTONが出来ることのその一つで、
1人1人の方と向き合っていける時間を大切にしていければと思っています。




PHOTON(フォトン)
ミニマル(1人・1つ)に寄り添うをコンセプトに、空間やサービスなど1つ1つがお客様と繋がれるアイデアがある、クリエイティブな隠れ家プライベートネイルサロンです。


構成
宗 輝
hikaruso.com



明大前店でのPHOTONの時間もまとめています。
『 初店舗から移転して2年。変化を愛した時間。 』➡︎



トップへ戻る